漫画雑誌ビックコミックスペリオールで連載中の『フットボールネーション』
作者は大武ユキ。サッカーをテーマとした漫画で、運動科学総合研究所の高岡英雄が協力して「インナーマッスルを使ったサッカー」についてを描いている。
あらすじは、社会人サッカークラブ東京クルセイドは「足がきれいな選手を求む!!」という求人を出し、選手たちを集める。監督の高橋幹保(たかはし みきやす)のもと、ボランチの沖千尋(おき ちひろ)たちが天皇杯優勝を目指していく物語だ。
海外のサッカー選手と日本のサッカー選手の違いに体の使い方について触れてをり、日本人のサッカー選手は「インナーマッスル」を使えている選手が少ないという。このインナーマッスルとは、体の奥深くにある筋肉のことで、ここの筋肉を使うことでサッカーではボールさばきや、また姿勢もよくなるので視野も広がるようになる。アウターマッスルに比べて太い筋肉がつくわけではないので、足がきれいになる。だから、「足がきれいな選手求む!!」だったんですね。
インナーマッスルはダイエットにも効果があるみたいなのでサッカーやっていない人もこの漫画を読んでみるといいかもしれません。アコム ばれたくない