数学科だけど数学が苦手な大学生、今後どうしよう

私は大学3年生になる数学科の者です。
数学科ですが、数学が非常に苦手です。
大学受験までのレベルの数学はとても好きで得意だったのですが、大学に入ってから学ぶ数学は非常に抽象的で漠然としており、そもそも概念がつかめません。
更に、数学科では定理の証明を学ぶことが多いのですが、そもそもある定理を証明する際に、また別の数学的な法則を利用しなければなりません。
もともと、この定理の証明をすることがゴールであると決まっているので、それに向かってこじつけて様々な法則を組み合わせて、証明できた!
という流れが、大学数学のレベルでは一般的です。
これに対し、高校数学までのレベルでは、問題が与えられており、そこから自分が一つ一つ考え方を構築していき、結果的に得られる確固たる数値があり、それが正解か不正解なのか、といったことを問うものが多いです。
その場合、自分が、何もないところから考えを構築しているので、理論的に正当であれば考え方に疑いようがありません。確実な具体的な数値が出るのです。
これが好きで数学科に入った訳ですが、大学数学に出会って、なんなんだこれは!
という思いでいっぱいです。未だに数学科に馴染めずにいます。単位も落としまくりです。とりあえず理解できないから丸暗記で…という対策も、定期テストには通用しません。どうすれば良いのか考え中です。キャッシング 即日借入